1. ホーム
  2. FX基礎講座
  3. ≫FXは24時間取引可能

FXは24時間取引可能


FXの最大の魅力は24時間取引可能なことです。

基本的に土日は取引ができないのですが、平日は24時間取引が可能になっています。これって何がうれしいの?と思う方もいるかもしれませんが、株式取引と違う最大のメリットが24時間取引なのです。

ずばり会社員の副業が可能になるのです。

株式取引は平日の朝9時から昼の3時までしか取引できないので、平日にサラリーマンとして働いている人は、特別な環境にない限り取引はできません。

しかしFX取引は24時間取引可能なので、会社員が家に帰ってからや朝早く起きて取引することが可能になります。

実は私も最初はサラリーマンとして働きながら副業として始めましたので、夜取引できるというのは本当に助かりました。

安定した給料の上昇が見込めた時代とは違い、今は何が起こるかわからない時代です。そのためにサラリーマンの副業はもはや必須の時代となりつつあります。その一つの選択肢として、自宅で少額から始められるFXが注目されています。

 

なぜ24時間取引が可能なのか?

外国為替市場はインターバンクと呼ばれていて、世界中の銀行や個人投資家などの取引相手が存在しています。

そのため日本市場が閉まっている夜(日本時間)でも、アメリカやヨーロッパは昼なので、取引相手が存在しています。これが24時間取引可能な理由です。

FXではその取引時間によって、日本市場やニューヨーク市場、ロンドン市場などと呼ばれることがあります。これはどの地域の人間が取引の主体かを示しています。

あまり関係ないと思うかもしれませんが、取引する人が違えばその傾向が異なってくることがあります。日本の投資家と海外の投資家では考えることも違うというわけです。基本的に市場によってトレンドは引き継がれることが多いのですが、市場によって特徴が出るときもあるので、そういったことを意識する必要も出てきます。

例えば日本時間の9時は日本市場の参加者が一斉に取引を開始する時間のため、レートが動きやすいとか、日本時間の夕方は取引参加者が極端に減るためレートが動きにくいといった傾向もあります。

私なんかは日本市場とロンドン市場が入れ替わる夕方に取引をすることが多いのですが、この時間帯は取引参加者が少なくなるため値動きが小さく、日中のトレンドを継承することが多いので損を少なく、トレンドに乗ることで安定した利益を稼ぎ出すことができています。

これも24時間取引可能なメリットですね。自分の得意な時間帯を見極めて取引することが可能になります。

 


スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。