1. ホーム
  2. FXの始め方
  3. ≫FX業者の選定

FX業者の選定


 

FXを始めるためにはFX業者において口座を開設する必要があります。基本的に20歳以上であれば学生でも専業主婦でも口座を開設することが出来ます。

クレジットカードと違って特に厳しい審査はありませんので、よほど申請内容に問題ない限り、口座の開設は可能となっています。

しかしまずFXを始めようと思うのが、どのFX業者で口座を開設しようか?ということです。

ネット上の噂だけで、間違ってもハイレバレッジが可能な海外のFX業者を選ばないようにしましょう。海外の業者でも信頼度の高い業者は存在していますが、トラブルが多いですし、トラブルが起きたときは英語でのやり取りになりますから避けたほうが無難です。

 

基本は国内の大手FX業者から選ぶ

まず前提として、日本国内の大手FX業者にしましょう。

FX業者を選ぶポイントは何点かありますが、一番重要なのがシステムの安定性です。

みなさんの中にはシステムは常に動いていると思ってる人が多いのではないでしょうか?

実はそんなことはないのです。私は元システムエンジニアなのでよく知っていますが、システムは普通に止まります。それはハード(機器)の故障であったり、運用のミス(人的ミス)であったり様々です。

しかしそのシステムの稼働率を限りなく高くすることはできます。大手はシステム投資も安定しているので、システムの稼働率が高いのです。

取引している通貨が暴落したときにアクセスが集中して、システムがダウンして損切できないとなったら目も当てられません。

そのため基本的には日本国内の信頼できる大手業者から選定するようにしてください。

次に選定するポイントは以下のようなポイントです。

①取引手数料が低い

②トレードツールが使いやすい

③口座開設キャンペーンなどのキャッシュバック金額が大きい

④少額取引が可能

 

①取引手数料が低い

FX業者に口座を作って、取引をすると手数料がかかるところがあります。大手FX業者ではこの手数料自体は無料なことが多いのですが、その代わりスプレッドと呼ばれる手数料のようなものが存在します。

スプレッドとは売買の時の提示レートの差で、この差がFX業者の利益となります。

そのためスプレッドが低いほうが手数料が安いということになり、FX初心者が最初に選ぶ業者では重要なポイントとなります。

代表的な大手FX業者のスプレッドは以下のようになっています。

DMM FX YJFX 外為ジャパン セントラル短資
◯×
ドル円 0.3銭 0.3銭 0.3銭 1.0銭
豪ドル円 0.7銭 0.7銭 0.7銭 3.0銭
ユーロ円 0.6銭 0.6銭 0.6銭 2.0銭
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

この表を見てわかる通り、実はスプレッドは一番わかりやすい選考ポイントであるため、大手各社は大体揃えてきています。なぜかというとわかりやすく言うと談合に近いです。

このスプレッドを低くすれば当然、顧客は増えますが、スプレッドを下げる競争が起きてしまい、終いにはFX業者がどこも儲からなくなってしまうためです。

牛丼の価格競争に似てますよね。以前は牛丼の値下げ競争が起きて、各社競って値段を下げて来ましたけど、それだと結局ジリ貧ですから結局大手は値段を揃えるようになりました。

そのため初心者が最初に選ぶ業者は、ドル円ならば0.3銭、豪ドル円ならば0.7銭、ユーロ円ならば0.6銭のところを選んでおけば間違いないと思います。

 

②トレードツールが使いやすい

トレードツールとは、実際に注文を出すときに使用する管理画面であったり、指標分析に使うチャート(グラフ)のことを指しています。

FXを始めたばかりの頃は、大まかなトレンドをつかんで取引すればいいと思いますが、中級から上級者になるためには、テクニカル分析やファンダメンタル分析といったものが必要になります。

これらの分析を行いやすいツールを提供してくれるFX業者を選ぶとよいでしょう。

ただしFX初心者はどのように分析するかがまだわからないと思いますので、注文画面が見やすい、デザインがいいといった感覚で選んでいいと思います。

※大手FX業者ならば、基本的なトレードツールは用意されています。

 

③口座開設キャンペーンなどのキャッシュバック金額が大きい

FX口座を開設すると、一定金額をキャッシュバックしてくれる業者があります。

基本的には口座を開設して、1lot(最低取引単位)の取引を行えば20,000円もらえるといったキャンペーンです。

FX業者は自社の口座にて取引を行ってもらえばもらるほど手数料収入が増えます。そのためこういったキャッシュバックキャンペーンを行って、口座を作ってもらおうというわけです。

 

④少額取引が可能

これ、結構重要です。

FXの最低取引単位は1000通貨単位か1万通貨単位というところが多いです。FXを始めたばかりの頃は大きな単位で取引するのは怖いと思いますので、少額から始めたほうがいいと思います。

そのため1000通貨単位から取引できる業者を選んだほうが無難です。1000通貨単位から取引を開始して、徐々に慣れてきたら取引量を増やしていくとよいでしょう。

私も最初の頃は1000通貨で取引して、感覚を掴みましたよ。はっきりいって1000通貨単位だと損益の額もかなり小さいんですが、実際に取引を行うということが重要でして、デモツールなんかで取引するよりも少額で取引したほうが何倍も経験値が得られます。

以上のことを守れば基本的にどこの業者を使ってもいいと思います。あとはCMを行っていて知ってるとか、口座開設数が多いとかで選ぶといいでしょう。

 


スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。