1. ホーム
  2. FXマニュアル
  3. ≫損する人の特徴・共通点とは?

損する人の特徴・共通点とは?


 

初心者がFXで継続的に稼ぐためには、過去の失敗例から学ばなければなりません。

これを読んだあなたも最初は「私だけは大丈夫!」

と思うかもしれませんが、そういって何人もの人が同じ罠に引っかかってますので、わかっていても難しいと十分に認識して取引を行っていきましょう。

 

「いつかは戻ると思う」は危険

FXで損した人たちにその理由はなんだったのかを聞くと、大抵このような返事をします。

「いつかは戻ると思った」

確かに10回のうち9回は元に戻ることもあるかもしれません。

しかし10回目で元に戻らなかったら、結局その1回で大損害ということになりかねません。つまりは予想に反して逆方向に相場が動いたときに、損切しないで戻るのを待つということをひたすら行う取引の手法は必ずいつか破たんします。

確かに損切を行わないで、プラスに転じるまで待つ取引の手法は勝率はいいと思います。

おそらくうまくいっているうちは儲けることができるでしょう。ただし相場の大変動が起こったときに確実に破たんします。

ただしすぐに損切していては、、儲かるものも儲からないので、自分なりのルールを決めて取引を行うさじ加減を身に着けていきましょう。

 

損切が出来ない

上記と同じ理由になりますが、FXで損する人は損切ができません。

勝ち組のトレーダーに共通する点は、実はそんなに勝率はよくないんです。

それはきちんと損切してリスク管理しているからに他なりません。

そして勝てるときに大きく勝っているのです。

逆にFXで負けるひとは、その逆です。細かな勝ちは多いので、勝率はいいんですが、トータルでマイナスになります。

それだけ損切は重要なのです。

 

FXの指標やテクニカル分析などの勉強をしない

FXの世界は初級のうちはいいですが、中級以上になるためにはある程度の知識が必要となってきます。

これは為替相場がある意味心理的要因が強いためです。

多くの人が上がると思えば相場は上昇し、下がると思えば相場は下がることが多いです。

その相場の流れを読むツールがテクニカル分析だったりするのです。

これを知らないで取引を行う人は、周りの人が台風警報を受け取っているのに

自分だけ台風警報を知らずに台風に突っ込んでいくようなものです。

 

負けたら大勝負に出る人

一度負けると、その損失を取り戻そうと熱くなり、大勝負に出る人がいます。

こういう人は大抵、損失を拡大します。

そのため初心者にはナンピンをおすすめしてません。

一度負けたら、取引から数日間は離れたほうがいいと思います。そうしないと勝負ところでないところで勝負してしまって、結局負けるということになります。

 

以上がFXで損する人の共通点です。

これを読んでも「私は大丈夫」と思ってる方は要注意です。

「みんなはまってるから注意しよう」と常に心掛けてください。


スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。