1. ホーム
  2. FX基礎講座
  3. ≫少ない資金で始められる

少ない資金で始められる


FXの魅力の一つは少ない資金から始められることです。

不動産投資などを始めようと思えば、最低でも1000万単位の初期投資がかかりますが、FXは10万円ほどの資金で始める人が多いです。

取引する業者にも依りますが、最低4000円ほどあれば取引することも可能です。FXでは最低取引単位というのが決まっていて、ほとんどの業者が1000通貨単位か、1万通貨単位から取引が可能です。

例えばドル円相場にて1000通貨の取引を行う場合は以下の資金が必要になります。

1000通貨×1ドル=10万円(1ドル100円で計算)

「ん?なんだよ10万円なきゃ取引できないじゃん!」と思った方がいると思いますが、FXではレバレッジという制度を利用して少ない資金でも取引を行うことができるのです。

 

レバレッジとは?

FXでは株の信用取引と同様に、一定の資金を証拠金として預ける事で、預けた資金の約1~25倍の取引を行うことが可能です。

この25倍のレバレッジを利用すると、1000ドル購入するのに

10万円÷25(レバレッジの倍率)=4000円

となるわけです。4000円で1000ドル買うことになりますが、1000ドルがもらえるというわけではないのであしからず。あくまでその1000ドルを売ることを前提にしているので、どちらかというとFX取引業者が25倍分、肩代わりして1000ドルを買っていることになります。

このように聞くと借金?と思うかもしれませんが、借金ではないので安心してください。あくまでモンスターを倒すハンマーを大きくしてくれているだけというイメージです。

ただしこのハンマーを大きくすると、敵モンスターのハンマーもその分大きくなりますので、ダメージを受けた場合はその分大きくなりますので注意が必要です。

レバレッジは少ない資金で大きな利益を得られるため、FXの魅力のひとつになっています。ただしその分損失となった場合は逆に損失が大きくなりますからご自分の裁量の範囲で行ってください。

まあよく10万円を100万円にしたみたいな人は、確実にレバレッジにて取引を行っています。一攫千金を狙える夢のある話であることは間違いないですね。

 


スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。