1. ホーム
  2. FXマニュアル
  3. ≫基本は短期スイングトレード戦略

基本は短期スイングトレード戦略


 

FX初心者にとって初めて取引するときは、いつ買っていいのかわからないということです。

FXにはいろいろなトレード手法がありますが、様々なテクニカル手法を使ったトレードや、経験によるトレードは中級~上級者向けになります。

そのため一番最初におすすめしている戦略が「短期スイングトレード」です。

 

短期スイングトレード

まずスイングトレードから解説します。

スイングトレードは一番わかりやすく、最も勝率がいいトレード手法です。

その方法は単純で、チャートの波の下限で買って、上限で売る(または上限で売って、下限で買う)という戦略になります。

swing-trade

当然、図のようなきれいな波線を描くことはないんですが、相場は短期・中期・長期それぞれで波の形を示しながら変化していくことが多いです。

そして初心者が狙うのは短期スイングです。チャートは5分足くらいの表示がちょうどいいと思います。

5分足のチャートを表示しながら、上記のような波線を示したときが売買のチャンスです。下限付近で買って、上限付近で売るということを試してみてください。

 

初心者におすすめの理由

なんといってもわかりやすいです。小難しいテクニカル分析なんて必要ありません。

さらに再現性が高いです。この動きは一日の中で何度か登場します。

そして初心者が考える相場の動きにマッチしています。初心者は「上がったら下がるし、下がったら上がる」と考えがちです。

確かにそういうことが多いのですが、初心者が失敗する理由の多くはこの動きを抜けたときに対応できないことです。それこそ損切がうまくできません。

そのため、注意点は

①トレンドが発生しているときは取引しない

②スイングが1時間ほど続いているときに取引する

③スイングが崩れたらすぐに損切する

という3点です。

①は明らかな上昇や、下降トレンドが出てきたときは取引しないということです。初心者は「これだけ下がったんだから、もう上がるはず」といった安易な考えをしがちです。しかし相場は上がったら上がり続けるし、下がったら下がり続けるほうが多いのです。

②はある程度長時間スイングが続いているときに取引を行うということです。この場合、小康状態にあることが多く、そのままスイングが続く可能性が高いです。

③は②の逆ですが、スイングが続くと思っていたのにスイングが崩れて上昇や下降トレンドが出てきたらすぐに損切してください。最初のうちはポジションを抱え続けるということは控えたほうがいいです。精神的にもそのほうが楽です。


スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。